個人年金 リスク

個人年金のリスク

個人年金を比較するうえで知っておきたいのは、個人年金の種類によるリスクについてです。特に投資型の個人年金である、変額個人年金には、払込保険料より受取る保険金額が下回るリスクがあるので注意が必要です。

 

個人年金のタイプ、投資型と定額タイプ

 

個人年金保険は、運用・年金・保険がひとつになった商品で、万一の場合に備えながら将来の年金を準備できます。

 

個人年金保険には投資型の個人年金と、定額タイプのものがあります。

 

定額タイプの個人年金保険では、払い込んだ保険料は生命保険会社の一般勘定で運用します。ご契約時に原則として、将来受取ることができる個人年金の原資となる金額を確定できる生命保険商品です。

 

それに対して、投資型の個人年金では、払い込んだ保険料は生命保険会社の特別勘定で運用します。特別勘定の運用実績に基づいて、将来お受け取りいただく年金の原資となる金額、受取年金額、解約払戻金額および死亡給付金額等が変動する生命保険商品です。

 

簡単にいうと、元本割れするリスクのある個人年金保険ということです。

 

しかし、将来のインフレ(物価上昇)のリスクについては、投資型の個人年金保険のほうが強いといわれており、人気も高いようです。

その他おすすめサイト